嘘も突き通せば本当? カメレオン(完結)
週刊少年マガジン

嘘も突き通せば本当? カメレオン(完結)

登録日:2014/06/28
content_copyレビュー元の漫画
カメレオン
folderカテゴリ
なし
account_circleアクセス数
384
messageコメント数
0
account_circleレビュー者
コミコミ運営

レビューの内容



不良漫画全盛期の時、マガジンでは、一風変わった主人公のヤンキー漫画が2つ

同時期に存在しました。

ひとつは、「疾風伝説 特攻の拓」、もう一つが「カメレオン」です。

特にカメレオンは異質な主人公です。

 

主人公「矢沢 栄作」は、他の不良漫画とは違い、主人公が喧嘩が弱く、性格の悪い漫画です。

ツンデレとかではなく、本当にストレートに性格が悪いです。

なので、強さ的な議論で、主人公が蚊帳の外という変わった漫画です。

 

 



しかし、矢沢は、不良界のトップに君臨します。

それは何故か?

矢沢は嘘とハッタリで、自らを器を大きく見せ、不良の強力な人間を懐柔していったからです。

通常は強い優しいで、男気のある主人公が不良漫画の典型なのに、この逆転の発想には恐れ入りました。

 

そのため、カメレオンは、主人公が魅力が無いため、敵に魅力を持たせてます。

大抵の敵は、心に闇を抱える人間たちで、矢沢にそこを付かれてしまい

嘘の優しい言葉に懐柔されていきます。

 

 

後半からピックアップされていくのが、矢沢の強力な運の良さです。

これは、ジャンプで連載されていた「ラッキーマン」に通じるものがありますが

この強力な敵を、どんな強運で倒すのか?というのも面白みの一つにはなってくるのかもしれません。

 

また、矢沢が成長していったのか、作者の作風が変わってきたのか(カメレオン以降の主人公は熱いのが多い)

後半の矢沢は単なる人でなしではなくなってきます。

もちろん、強者に立ち向かう勇気はないのですが、ヒロインにだけではなく、

仲間に対する情を持ち始めていたように思えます。

 

全体を通して、面白い漫画のため、

是非見ていただきたいです。

時代が古いことから、前半の絵は読みづらいかもしれませんが、後半は絵も読みやすくなってきてますので。

 

 

コメント