リアル系野球漫画 グラゼニ(未完)
モーニング

リアル系野球漫画 グラゼニ(未完)

登録日:2014/06/15
content_copyレビュー元の漫画
グラゼニ
folderカテゴリ
なし
account_circleアクセス数
270
messageコメント数
0
account_circleレビュー者
コミコミ運営

レビューの内容




グラゼニ 東京ドーム編はこちら


中継ぎ投手「凡田夏之介」の話です。

セリーグでスパイダーズ(恐らくは、ヤクルトスワローズモデル)で中継ぎ投手をしています。

 

グラゼニの名前は、グラウンドにはゼニが埋まっているの略語です。

要するに、ザ・プロ根性な野球人のお話です。

原作が森高夕次氏(コージィ城倉氏)、作画が「アダチケイジ」氏です。

 



 

コージィ城倉氏の話はいつも面白いのですが、正直に言えば、絵があまり好きではありませんでした。

しかし、その部分を作画の「アダチケイジ」氏がフォローしたことにより、とても読みやすいものになりました。

 

恐らく、相当取材されてるのか、原作の森高氏

元から野球漫画を描いているため詳しいのか、相当、リアルに描かれているように思えます。

反対に言うと、サンデーの代表的漫画「MAJOR」とは違い、夢が無い話といえば無いですね。

 

 

驚いたのが、幾ら税金があるとはいえ、3千万前後の年収を持った野球選手が

勝ち組の内容ではないということです。

 

しかし、それは、ある程度、読んでいると、納得行くといえば行きます。

彼らは経費もかかるらしいですし、選手生命は短いです。

コーチや実況アナウンサーなどになれれば勝ち組で、殆どが、別の職種の仕事につくことになります。

現役期間に贅沢を覚えてしまい、その後に、普通かそれ以下の収入では

貯金も残らないかもしれません。

以下ネタバレです。















当初こそ、普通の野球人をしてますが、


最近では、セリーグ1の中継ぎ投手と呼ばれていたり、その後は、メジャーに移籍してます。


ポスティングは上手く行きませんでしたが、今までの平凡野球人も面白かったのですが


これからも面白そうです。


 

コメント