努力は報われるのか? はじめの一歩(未完)
週刊少年マガジン

努力は報われるのか? はじめの一歩(未完)

登録日:2014/06/15
content_copyレビュー元の漫画
はじめの一歩
folderカテゴリ
なし
account_circleアクセス数
302
messageコメント数
0
account_circleレビュー者
コミコミ運営

レビューの内容



 

100巻オーバーの大巨編ボクシングマンガです。

高校生の幕ノ内一歩が、ジムのエースである、鷹村守と出会って、ボクシングを初めて

成長していくストーリーです。

 

これに凄く好きな言葉があり、この作品を表すものだと思います。

努力したものが全て報われるとは限らん。しかし! 成功した者は皆すべからく努力しておる!!

一歩のジムの会長である、鴨川源二の言葉です。

 



 

 

超一流とは、才能があることは前提で、その上で、努力したものがなれるものと、厳しいけども、「努力すれば夢は必ず叶う」よりも、

説得力を感じます。

歳をとると捻くれてなりません。

 

漫画上も、主役である一歩は才能を奇跡で打ち破っていきますが、脇役の先輩達は、才能に破られていきます。

その一歩自身にしろ、試合中、試合前に、大抵が才能の壁にぶつかります。

※ただし、一歩自身も破壊力という凄まじい才能を持っているのですが、アウトボクサー=才能豊富な世界なので

 

 

この言葉は鷹村の試合の前に、才能だけの相手「ブライアン・ホーク」と対戦する前に出てきた言葉です。

個人的には、この試合と一歩と千堂の試合は、試合前から熱く、好きなものです。

 

以下、ネタバレです。














激闘の末、鷹村は、鴨川会長の示唆したとおりに、才能だけでボクシングをしている


ブライアン・ホークを、才能+努力で、打ち破り世界王者になります。


この際に、鷹村は目を怪我したという伏線を付けられるのですが


これはいつ回収されるやらか…。


現在、一歩が世界二位と闘ってますが、最近の彼の試合は、あまりに一方的に殴られすぎていて


何だか、いまいち面白く無いのが本音です。

コメント