本気出すと天才 賭博黙示録カイジ(未完)
週刊ヤングマガジン

本気出すと天才 賭博黙示録カイジ(未完)

登録日:2014/06/19
content_copyレビュー元の漫画
賭博黙示録カイジ
folderカテゴリ
なし
account_circleアクセス数
471
messageコメント数
0
account_circleレビュー者
コミコミ運営

レビューの内容



賭博破戒録カイジと続いて、賭博黙示録カイジは完結になるのですが

結構名前が変わるので、賭博黙示録カイジで、まとめさせてもらいました。

 

ギャンブル狂の「伊藤開司」が主人公の話です。

基本的には、「帝愛グループ」が開催するギャンブルに挑戦していきます。

勝てば大金を得れますが、負ければ、大きな代償を払うのが、この漫画の特徴で

最悪、死に至ります。

 

ただ、カイジは、初期は名作の名にふさわしい面白さを持った作品ですが

個人的には、最近は、面白みに欠けてくるように感じてきました。

これも、個人的な感想ですが、一つとしては、ギャンブルの内容が人を選ぶようになったからだと思います。

 

当初は、ジャンケンや綱渡りなど、すぐにルールを理解でき、誰でも楽しめるものだったのですが

最近は、麻雀やポーカーと、ルールを知らないと楽しめないものになってきたからではないだろうかと思います。

 

このカイジの面白さは、凝ったギャンブルの内容ではなく

人と人の騙し合いや、狂気が面白いのであり、ギャンブルの内容は簡単で良い気がします。

 

しかし、カイジは普段あんなにダメ人間なのに、

覚醒したら何であんなに冴え渡るんですかね。

 

コメント