苛々からスッキリ 怨み屋本舗
その他雑誌

苛々からスッキリ 怨み屋本舗

登録日:2014/06/25
content_copyレビュー元の漫画
怨み屋本舗
folderカテゴリ
なし
account_circleアクセス数
4,737
messageコメント数
0
account_circleレビュー者
コミコミ運営

レビューの内容



現在、怨み屋本舗は様々なシリーズが出てますが

総合して未完とさせていただきます。

 

怨み屋本舗は、怨みを晴らしたい人間が、主人公「怨み屋」(宝条 栞)に多額なお金を払って

怨みを晴らしてもらうストーリーです。

怨み屋本人も言ってますが、法で裁かれるのが正しい手順であるため、彼女も自身を正義と思ってません。

 

基本的な流れとしては、怨みを晴らされる人間の腹立たしい行為が描かれます。

大抵の読者は、それに苛々を募らされることになるでしょう。(不正受給は本当に腹立たしいです)

その人間を怨み屋が完膚なきまでに叩きのめし、地獄に落とすことで、スッキリするというのが

この漫画の基本的な作りです。

 



ただ、この漫画の良くないところというか、仕方ないことなのですが

怨み屋の恨みを晴らす際の仕掛けは、結構ご都合主義です。

そんなに上手く行くのか?という箇所が何個もあります。

 

基本は、数話完結型ですが、一本筋の所で

ライバル業者も存在します。

物語として、こういう要素は必要だとも思いますが、個人的には蛇足な気がしてなりません。

 

あと、情報化社会ってせいもあり、主人公怨み屋の懲らしめる仕掛けも凄いですが

それよりも、相棒の「情報屋」の力が大きい気がしてなりません。(基本、彼がやることで9割解決してる気がします)

 

絵も綺麗で、話も読みやすく、初めから読む必要はないため

入りやすい漫画かと思います。

 



 

 

 

 

コメント