代紋 エンブレム Take2【最終回】
週刊少年ジャンプ

代紋 エンブレム Take2【最終回】

登録日:2014/12/29
content_copyレビュー元の漫画
代紋 エンブレム
folderカテゴリ
最終回
account_circleアクセス数
121,520
messageコメント数
0
account_circleレビュー者
コミコミ運営
SFヤクザの漫画、代紋。
丈二の活躍のラストは如何に?

レビューの内容


ここでは、ラストのネタバレを紹介します。  


最後の敵は、仇敵「江原」です。 ただ、個人的には残念なのが、ヤクザの範疇を超えた、国家レベルの戦いになってしまってます。


江原は海外の軍人を雇い、丈二に勝つことの他に東京を壊滅させ、日本を発端にした世界恐慌を起こそうとします。  


代紋のテーマは徐々に変わっていってしまった気がします。


初めは、   「タイムスリップするヤクザが未来の情報を使って、どう出世できるかという漫画でした」 それが、 「タイムスリップで器が大きくなったヤクザのサクセスストーリー」になり 「最後には、主人公たちの生きてる世界の秘密を判明させる」になってきます。


 


  世界に違和感を感じているのは、丈二と江原だけのため、江原は世界への反逆という意味合いで 破滅させようとしてきます。


 


丈二は、洋一を筆頭に、多くの組員を犠牲にしてしまいましたが、 江原のやとった軍人たちに勝利し、世界の破滅は阻止します。


 


しかし、最後の江原との一騎打ちには敗れてしまいますが、 江原は丈二にトドメを刺そうとせずに、世界への反逆として、丈二に勝って、自殺します。   結局、丈二達の生きる世界は何なのか??


 


明確な答えは完全には示しませんでしたが、彼らの世界は子どもたちのTVゲームの中だったという事を匂わせてます。


 


要は丈二を主人公とした、極道ゲームだったのです。



ここは非難されてますが、今まで張った伏線は回収していると言えます。


ただ、物語のラストを夢や幻のたぐいにするのは、良い終わり方とは言えないため、非難される理由も分かります。   私としては、ラストは良いのですが、その前の軍人戦が失敗だったように思えます。


 


もちろん、Take2として見なければ、そこまで面白くないわけではないのですが エンブレムに一番期待しているのは、極道世界の話なのです。


 


描写が派手なため、軍人たちの戦場が主役になり、極道の話が脇役的になってしまったため Take2としての魅力は消えてしまっているように思えました。 この最後のシリーズがなければ、本当に良い漫画だと思います。    

コメント

代紋 エンブレム Take2【最終回】

匿名

2017/12/29 16:24

ええやんけ

代紋 エンブレム Take2【最終回】

匿名

2020/08/31 11:58

本当だよね~
ラストさえこんなんじゃなかったら…

代紋 エンブレム Take2【最終回】

コミコミ運営

2020/08/31 17:53

ラストは少し残念でしたねー

代紋 エンブレム Take2【最終回】

匿名

2021/05/07 04:49

俺の知ってるラストと違う。
いつ変わった?