甲子園への行き方 砂の栄冠(完結)
週刊ヤングマガジン

甲子園への行き方 砂の栄冠(完結)

登録日:2014/12/11
content_copyレビュー元の漫画
砂の栄冠
folderカテゴリ
なし
account_circleアクセス数
290
messageコメント数
0
account_circleレビュー者
コミコミ運営

レビューの内容



 

作者はドラゴン桜でも有名な「三田紀房」さんです。

樫野高校の野球部員、主人公「七嶋裕之」が、

上記高校を応援している「トクさん」から、1千万をもらって、それを使って

甲子園に行くまでのプロセスを描いた作品です。

 

同作者の東大の行き方の「ドラゴン桜」の甲子園版と行ってもよいでしょう。

どうやって、トレーニングするかもやってますが、どちらかというと、どういう意識で日々を過ごし、試合したほうが良いかという

意識改革の方を重視しているように思えます。

 

甲子園に行く方法も面白いですが、単純な野球漫画としても良い出来だと思います。

野球漫画のチームワークで乗り切ったり、努力で乗り切るというよりも

知略で戦う感じが、一風変わっており新鮮です。

また、難問が、どちらかというと、相手チームではなく、自チームの人間であるのも特徴的です。

 

ただ、読み物としては面白いのですが、これを読んでも、甲子園には行けないでしょうね。

一番の理由としては、七島が凡才ではなく、天才であるところですね。

良いトレーニングもあるのかもしれませんが、彼に才能があることも勝ち進める理由でしょう。

 

ある意味で、一流になるには、適切な努力に加え、才能も必要であるという意思表示なのかもしれませんが。

 

 

コメント