体当たりロック 日々ロック
週刊ヤングジャンプ

体当たりロック 日々ロック

登録日:2016/07/14
content_copyレビュー元の漫画
日々ロック
folderカテゴリ
なし
account_circleアクセス数
175
messageコメント数
0
account_circleレビュー者
コミコミ運営
榎屋克優先生による漫画です。 最初の頃は、個人的には、よく掲載できたなという内容でした。 絵もうまくなく、話の流れも素人臭さがりました。ただ、それが、新鮮で、かつ親しみがあり、良いとも思えましたが厳しい人には厳しいでしょう。 主人公も大仏ヘアーで格好わるいですしね。 後半は、絵も展開も上手くなられてましたが、やはり、どこか独特な雰囲気がありますね。

    目次

  • bookmark音楽
  • bookmarkパフォーマンス
  • bookmark見解(ネタバレあり)

レビューの内容

content_copy音楽



日々ロックの音楽は、正直言うと、少しレトロなロックな感じですね。 本当の後半こそ違いますが、BECKとかとは違い、本物の音楽を歌っているのに認められないという感じではなく、本当に下手くそです。 それを熱いロック魂でなんとかしていく感じです。


ザ・ロックンロールブラザーズというバンド名で、主人公の日々沼 拓郎がギターとボーカルと、作詞作曲を担当し、草壁まもるがベースをし、依田 明がドラムを 担当している感じです。 悪い人間ではないですが、草壁は何故居るのか不明ですね。 最後半は上達してますが、本当終盤まで、ロックが好きでは無さそうですし、練習もせずに、下手くそです。


content_copyパフォーマンス



 


とりあえず、無茶苦茶しますね。 基本的には、日々ロックでの日々沼はライブでは全裸になります。これが、ロックな生き方なのかもしれない。。。


卒業の際の体育館をショベルカーで突っ込んでます。 最後のライブでは雷に打たれるなどと、とりあえず、音楽よりも、日々沼の無茶が面白いですね。 観客たちも音楽よりも、そっちに一番衝撃受けてる気もしますし。



content_copy見解(ネタバレあり)



日々ロックの唯一と言っても良い、恋愛的な描写で、日々沼と、宇田川 咲との関係がありますが これは、良い関係だったと思いますね。 ラブラブな恋愛というよりも、ライバルなのか、恋仲なのかが分からないのが良いです。 ただ、咲は病死してしまうため、悲恋になってしまうのですが。。。


日々沼の無茶が面白いところの一つでしょう。 バンドに復活する際に、バイトを抜け出し、バンドを辞める際に売り払ったギターを取り戻す所は面白かったです。


日々ロックは、5巻から急激に変わってい;気がします。 それまでは、力不足のバンドがという感じだったのですが、認められないが、実は力のあるバンドになっていきます。 日々沼の髪型も、大仏ヘアーから、ストレートになり、少し格好良くなります。


最後は生きてるのか、落雷で亡くなってしまったのか、不明な感じでしたね。 現実から考えれば、生きていられるわけはないのですが、何となく、生きている気がします。

コメント