韓国ゴンダル サンケンロック【最終回】
その他雑誌

韓国ゴンダル サンケンロック【最終回】

登録日:2016/02/24
content_copyレビュー元の漫画
サンケンロック
folderカテゴリ
最終回
account_circleアクセス数
2,677
messageコメント数
0
account_circleレビュー者
コミコミ運営
韓国のゴンダルの物語です。

レビューの内容

サンケンロックが2016年2月23日で終わりました。 Boichi先生お疲れ様です。 マンガの概要はこちらを参照下さい。


最終回ですが、急ぎ足だった気がします。 宿敵の大組織ヤクザ組織の吉沢を倒したケンでしたが、一緒に戦うパートナーであり、恋人であるユミンに裏切られて、重症を負わされてしまいます。 吉沢の会長の娘である、ユミンは、吉沢の呪縛から説かれることが無く、それに操られるように裏切ってしまったのです。


 



ユミンに撃たれて、行方不明だったケンは、外国で、再度力を蓄え、今度は世界一の組織を作り出します。 世界一の組織を作ったケンは、殺し屋に成長したナミと、その組織と協力し、ユミンを筆頭にした新吉沢を壊滅させます。


ナミに殺されかけている、ユミンはケンを裏切ったことを後悔していたことを、彼女に吐露します。 ナミは、その懺悔を聞かされた場合は、ケンに許す様にと指示していたため、ユミンは殺されること無く、生かされます。


数日して、ユミンは、ケンに告白された場所に行くと、以前、知り合った新聞記者の小谷と会います。 小谷はケンの代理として、ユミンに、彼が組織として手がけたビジネスを譲渡することを伝えます。 ケンは、彼女に正しいビジネスをしてもらうために、組織を作ったのです。 裏切ったユミンに対し、ケンは、自分を裏切ったのではなく、吉沢を裏切ることが出来なかった、裏切ることを知らない女性と告げます。


それを聞いたユミンは泣き出します。この人、良いセリフ考えるの上手いなぁ。 最後に、ケンが車に乗り、仲間たちと、威厳のある顔を見せて、マンガは終わります。


ユミンが裏切ってから、ラストまでが、1シリーズになるかという重厚な内容ですが 3,4話でした。 まあ、対吉沢をしたことでクライマックスなのに、また続かれても、ダラダラする気がしないでもないです。 最後として、ユミン裏切りは蛇足だった気もしますが、これが無くて、どうやって終わらせるのも難しいものであります。


 



1.ユミンが吉沢の呪縛に勝ち、ケンと結ばれる


これは、また、一つの終わりになりそうな気がします。 1,2話をユミンの葛藤に使い、それに打ち勝つ。または、その場でケンと戦い、彼が勝利する。 ラストは、呪縛に勝ったユミンと、ケンの結婚式で、仲間に祝福されて終わる。 とても、綺麗で、かつ、凡庸な終わりに思えます。 よほど上手くやらないと、記憶に残らなそうです。


2.新たなる敵、又は最初からやり直しだ!


ユミンの裏切りというのは全く出さずに、普通に吉沢を倒し、韓国を統一し、次の国の敵を!という 感じの終わり方です。 つまらないですね。 または、吉沢に敗れ何もかも失ったが、またやり直すぞ!という終わり方。 打ち切りみたいですね。。。


悪くない終わり方だったのではないか!


結論からすれば、実際のマンガの終わり方は、悪くない終わり方だったのではないでしょうか。 ケンの復活劇が簡略化されてしまったのは、何だか物足りませんが これはこれで、やるかは分かりませんが、番外編というカードを切ることが出来るようになるので。

コメント